薬のケースと箱を持っている人

ご存知のように医薬品というのは病気やケガを治したり、診断に用いたり、あるいは病気を予防したりする目的で使われます。
内服薬や塗り薬、あるいは注射剤などいくつかの種類があり、また医療用と一般用に分かれます。

病院は処方箋を調剤薬局に持参して、そのうえで購入します。
通販は処方箋なしでも購入できるもので、たとえばドラッグストアにある風邪薬や痛みどめ、胃腸薬などの多くの薬品がこれに該当します。
しかし実を言えば、医療用の医薬品には処方箋無しでも購入できるものもあります。
ちょっと意外に思われるかもしれませんし、法律違反ではないかと思う人もいるでしょう。

厳密に言えば、医療用の医薬品には処方箋が無いと購入できない物と、処方箋無しでも買える物の2通りがあります。
処方箋無しで医療用医薬品が買えるメリットは、やはり病院で順番を待たなくてすむことです。
病院に行って待つだけの時間がある場合はともかく、普通勤めたりしている場合は、休み時間を利用してもなかなか診察を受けられない、薬を処方してもらえないというケースもあります。
そのため、薬局の店頭で医療用医薬品が手に入るということは、とてもありがたいことなのです。
また、診察代もかからなくてすみます。

ただし、処方箋無しでの医療用医薬品購入というのはあくまでも例外的なものです。
種類としては副作用の少ない鎮痛剤や胃薬、軟膏などのごく一部に限られています。
また、取り扱いのある薬局もかなり限られていますので、医療用医薬品を購入したい場合は、一度店頭で尋ねてみることをお勧めします。
もし販売してもらえる場合は、まず店頭で薬剤師さんが症状について聞いたうえで、薬を売ってくれるようになっています。